2017年8月21日月曜日

老い支度の難しさ


 先日、長年の付き合いがある友人たちと楽しく飲んでいた。

そのメンバーを何気なく見ていて、あることに気が付いた。

 
 
 

どうでもいいと言えばどうでもいいんだが

 

彼女たちの髪の長さが私も含めてだが、学生時代から

全く変わっていないのだ。

 

 

ショート気味だった子は相変わらずショートだし

ロングの子はロングだし、セミロング派は50代半ばも

相変わらずのセミロング。

 

きっと顔形に最も適しているという「固い信念」か

その長さが居心地よいという思いがあるのだろうなと思う。

 

そして、そんなことを思っていたある日、今度は

70代前後の女性の集まりに出席した。

 

そこには、ロング派は当然おらず、セミロングもいなかった。

 

母のいた老人ホームは80歳以上が入居基準であるかのごとく

年齢層が高かったが、そこではお約束のように

超ショート派ばかりで、その方の趣味なのかまでは不明だが

刈上げベリーショートのお婆さんも結構な数、いらした。

 

もちろん、白髪だったり、こしのなさだったり、分量の問題、

ボリュームが出ないなどの悩みあってのことなのだが

 

若い時から、ショートの人は別として、セミロング以上の

髪型を保って来た女性はどこの時点で「ショートにしよう」と

踏み切るのだろう。

 

その時は徐々に短くしていくのか、一気にいくのか

その心情はいかばかりなんだろうと想像してしまう。

 

自らの老いを実感するのは、まず目(老眼)かな?と思うが

女性にとっての髪も深刻だ。

 

60代前半の人たちを見ると、若い時と長さが変わらないように

思うが、先述したように、その決断は70歳なのかなぁ?って

気がしている。

 

その時に「ようこそ!新しい自分!」ってことで

ポジティブに短い長さを新鮮に感じるのか

 

それとも、ちょっとした痛みを感じるのか

先輩たちに聞いてみたいような、聞けないようなで

その会合は終了となった。

 

老い支度をゆっくりとはいえ、進めなければならない

年代に差し掛かっている今、

 

「髪の長さ」ひとつとっても、受け入れ、折り合いを

つけることの難しさを想像してみるに

 

「あ、やっぱ考えないようにしとこ」っていう結論になり

 

結果、やろうと思っている「見事な終末思想」は見ない振りで

ドンドン遠ざかる。






 

4 件のコメント:

  1. 私は50になった時に美容院を変えて、当時は20代の美容師さんに「髪切りませんか?」と言われて、セミロングからショートにしました。それが好評で、「こんにちは、新しい自分」という感じでしたね。だからめぐりあいだと思う。

    風吹ジュンさんもショートボブが可愛いし、三田佳子さんもおばあちゃまらしくて素敵。もう少し年をとったら、学生時代の髪とはサヨナラして、新しい自分になった方がいいと思うよ。

    返信削除
    返信
    1. なるほど、なるほど!
      美容師さんのお勧めってのがありますね!
      そっか、そういうタイミングもありですね。

      後ろ向きに考えるのではないってことは
      素敵なことですね。
      教えて下さりありがとうございました!

      削除
  2. 顔が痩せてきた(下がってきた??!)段階で、ロングからセミロングに切りました。20代のころは幸せはうなじあたりを通るから、通り過ぎないようにロングがいいよなんて迷信を信じてたりして、、、、美しいロングはケアも大変だし、熟考しなきゃいかんな~と思い始めたのは50代になってから、、
    顔の骨格も身体能力も関係してくると思いますが、自分らしさが変わらない髪型でいたいと思うこの頃です。

    返信削除
    返信
    1. そういう言い伝えがあるんですね!?
      知らなかったです。
      ロングにしとけば!!??(笑)

      昨日、山手線で明らかに60代には入ってそうな女性が
      ピンクのミニ丈のワンピースでロングの髪型
      (フラダンスの方のような髪型)にされていて
      ロングはきついものがあるなぁって考えてしまいました。

      相当な手入れをしないと苦しいだけかぁって実感したんですが
      じゃあセミロングなら許されるのか?とか
      色々思うと、若い時とは同じには出来ないってことを
      ひしひしと感じました。

      そうですね、おっしゃるように自分らしさが大事ですよね。
      それをわからないとまずダメですよね~。
      勉強は続くです・・・。

      コメントありがとうございました!

      削除