2017年7月15日土曜日

高1の娘のやる気がダダ下がりで母が泣いてるというご相談


りんこさん、初めまして。

突然のメールで恐縮ですが、どうか助けてください。

 

長女16歳、高校一年生。

中三夏から成績だだ下がりで、今回高一の期末の結果が出て、

数学・英語、ともに習熟度クラスが一番下のクラスになりました。

 
 


 

今このメールを打ちながらも情けなくて涙が出そうです。

 

元々どちらも悪かったんです。数学は中三の2学期から

1番下のクラスでしたし、英語は下から2番目でした。

 

唯一国語だけはよくできて、学年で2位とか3位だったりしました。

悪くても20位くらい。

ところが今回は国語も平均にも届かなかったようです。

 

下がり始めたころから生活態度も悪くて、とにかくすぐ寝る→

深夜に目覚めてiPadでネットか撮りだめたアニメやドラマを観る→

朝起きられない。

 

こんな繰り返しで、当時の中三の担任の先生にも特別に面談して

もらったりして解決策を探してきました。

 

本人はその時は殊勝な態度で反省しているように見えるのですが、

すぐまた元通りです。

 

人参ぶら下げたり、ネット禁止・テレビの録画禁止、

色々やってみたのですが効果はありません。

 

とにかく圧倒的に勉強量が足りないのだと思うんです。

一生懸命やっている様子は見たことないです。

試験前、部活禁止になる1週間前からやっと机に向かうのですが、

気が付くて寝てます。ひどいと何もせず朝まで寝ています。

 

もう本人が自覚しないとだめだと放置した時もあるのですが、

これ幸いとだらけるだけでした。

 

中三で今までで一番悪い結果を取ってきたので、もうダメだ、

塾のお世話になろうと単純に考えて娘連れて個別塾の面談を4-5か所

行ったのですが、どこも料金高いですね・・・。

 

もともと大学受験の時は塾のお世話になるつもりはあったのですが、

補習塾は考えいませんでした。

でももうそんなこと言ってられないと思う反面、塾に入れても

今の自覚ないままだとお金の無駄になるような気もしたりで

踏ん切りがつきません。

 

今、胸が詰まって本当に泣きそうです。

なんで胸が詰まって泣きそうなのか、この感情がなんだか自分でも

わかりませんが、、あぁ、もうダメです。

 

とうとう涙がでてきてしまいました。

泣いてもどうにもならないのに、どうして涙って出てしまうのでしょうか。

 

娘本人は私が言うのもなんですがとってもいい子です。

反抗期らしい反抗もなく、くそばばーなんて言ったこともなければ、

生意気なことを言ったりもしません。

 

お友達のお母さま方にも『うちの子は○○ちゃん(うちの子)

いつも助けてもらってる。ありがとう』なんてよく声かけて頂きます。

お友達の悪口も言いませんし、時々愚痴を言うくらいでしょうか。

 

先ほど、反抗期はなかったといいましたが、この勉強をしないという

態度が彼女の反抗期なのかと思ったりします。

 

国公立の大学へ進学してほしいとか色々希望はありましたが、

今はただ、寝落ちしない・だらだらと過ごさない、

そして一生懸命勉強してくれたらそれで充分と思います。

 

明日は担任の先生と今回の期末試験の結果を見ながらの面談です。

ゆっくり面談したいのでとお願いしたら、順番を最後にしてくださいました。

でも、もう先生と何を話し、何を聞いてくればいいのかもさえも、

もう分かりません。

 

☆☆☆

りんこより16年目の母さんへ

 

ご相談メールありがとうございます。

10年前の私を見ているようだわ~(遠い目)

なので10年前の私に言うつもりで、返信を書くね。

 

えっとですね、これ、雲上人の母以外、みんな、持つ悩みで

大抵の母は中2あたりから「ふざけんなよ、このクソガキ!」症候群に

罹患しますわね。

 

きょうび、わかりやすい反抗期(盗んだバイクで窓ガラス割って

歩くBY尾崎豊)を行うような骨のある少年少女はほぼ絶滅したので(笑)

 

やる気を見せないということで親に対抗する奴らで溢れているんだよ(怒)

 

つまり、16年目の母さんは極めて正しい母道を歩んでおられる。

「ああ、私も王道、歩いちゃって、すごいやん、自分!」くらい

思わないとこの先、やっていけまへんで~!!

 

まずですね、「起立性調節障害」を疑ってみてね。

 

これは本人の努力ではどうにもならんのです。だって病気だから。

 

血圧が低い、或いは鉄分が足りない、あるいは甲状腺、ホルモン分泌が変。

なんつーことがあって、ダラダラしているように見えるんですが

本人はよくわからないけど、だるいってことになる。

 

これだと辛いので、小児科のこれに強い専門医がいいとか

聞くけど、私は婦人科の女性医師がいるところに電話して

「この症状を疑っているが、みてくれるか?」と聞いて

午前中に行くようにすることをまず挙げておくね。

 

各種サイトがあるので、該当項目があったら

医者探しをしてみてね。

 

で、これとも違うなぁってことの方が多いと思う。

 

その時ね、ちょっと立ち止まって、自分(母)の本当の気持ちを

確かめてみるチャンスにするといいと思うよ~。

 

無理矢理、塾にとか担任に気合を入れてもらうとかは

逆効果よ~。

 

私はさ、第一子の時は「おーほほほ!」って自慢したかったのに

自慢どころか「えーーー!!??これで私が納得する大学に

行けるの?」ってことでムカついていたんだよね、結局。

 

でも、それってさ、私自身の「子育て通信簿」で私が成績上位者に

なりたいだけだった、もっと言えば、何処にいるかも分らない

他人様から「すごいわね」と言われたいだけだったように

思うんだよね。

 

あまりに自分がなくて、息子の人生を自分の思うとおりに

乗っ取っちゃうようになったんだよなぁ。

 

だから、息子の気持ちなんて1ミリも考えてなかった

ように思うわ。

 

昼夜逆転しているように見える暮らしも

テスト前になると爆睡しだす生活も

 

テストの点数が悪くても何とも思ってないように

見える素振りも、洋服を脱ぎっぱなしなのも

息子の一挙手一投足が気になって、気に入らなかった。

 

子どもは「鳴かぬなら、それでいーじゃんホトトギス」

(by 織田信成)

 

なんだが、母はさ

 

「鳴かぬなら、いいわけねーだろ、ホトトギス」(byりんこ)

なわけよ。

 

すれ違いね。

 

それで、まだ来てもない未来をドンドン悪い方向に考えて

「こんなんじゃ受かる大学がない」「どこにも就職できない」

「将来はニート!?」って想像が止まらない。

 

でも、それは子どもの為というよりも、はっきり言えば

母に迷惑をかけないで!って叫びのような気がするんだよね。

 

おかげで私のせいで息子は生きにくかったと思う。

 

今はね、社会人だから彼も大人になって

「仕方ないよ、俺はアンタにとっては初めての子育て

だったんだから、そりゃ迷走するよ。

でも、悪くはなかったと思うよ」と1週間前も

言ってくれて慰めてくれたけどね。

でも、これはいけないと思うのね、子どもに気を遣わせて

いることになるからさ。

 

こないだ大阪女学院で講演した時も言ったから

聴いてくれた方もおられると思うけど

 

16歳だと、お嬢さんと本当の意味で一緒に暮らせるのは

あと3年ないよ。一生、手元には戻って来ないよ。

 

その2年強の時間で母が一生を通じて、娘に遺す言動を

やっておかないといけない時期なわけ。

 

18歳の時、まあ20歳でもいいけど、巣立つ娘に何ていう

言葉をかけてあげられるかで、娘の一生が決まっちゃう。

 

ちなみに私は大学生になって、ひとり暮らしを始めた娘には

「これ以上できません、勘弁してください!

って言うほど遊びなさい」と言い

 

社会人になる時には

「これからの暮らしでは傷つくことの方が多いだろう。

でも、人間には修復できない傷などない。

もし、どうしてもどうしても治らなそうな傷ならば

実家があることを思い出せ」と言って送り出した。

 

私自身が親に言って欲しかったと思える言葉を贈ったって感じね。

 

これには娘の中高時代の母友との交流でこういう心境に

なった経緯があるんだけど

 

鎌女の母友は「(鎌女に行かせたんだから)これで社会で

生きていけるだけの体力と知力はつけられたと思う。

だから、これからは娘を信じる。ただ信じる」って言ったんだよね。

 

品女の母友は「変な男に引っかかったらどうしようって?

アホか、りんこは!

アンタはこれまでの18年間で娘に全身で『(幸せになるために)

こう生きなさい』って伝えてきたはず。

今更、どうのこうの言って操作しようとしても無駄!

もう任務はやり終えたんじゃないの? 手放せ、娘を!

 

私は来月から(←高33月の会話)娘に

『ママ!今日は何時に帰って来るの!?(怒)』って言わせる

暮らしをする。子育ては終了したから、自分の人生を生きる!」

 

って言われてね、そうだよなぁって強烈に思った。

 

16年目の母ちゃんも同じような環境下よね。

 

でもさ、あなたはまだ3年弱ある。

 

本当にお嬢さんの幸せを祈るなら、何を今伝える?

 

一生懸命勉強すること?

ダラダラしないこと?

国公立に入ること?

 

私は、息子にもそうだけど(息子への呪縛は彼が大学生に

なってようやく解けたという遅さ)、娘にも

 

「まず生きていて欲しい。母よりも長く」

 

そして「人生、超、楽しい」って思って欲しい。

 

そのためなら「無理をして、その楽しさを追いかけて欲しい」

 

「以上です」って思い至った。

 

お嬢さんの気分の良い時に横並びで会話してみ。

 

「ママも16歳の時は将来が漠然としてて何も見えなかった」

「でも、パパに出会って、最高の恋をしたんだよ」

「生きてるって楽しいから、悔しかったら早く大人になれ

 

とかね、女性の先輩としての会話をそろそろ楽しんでね。

 

私に言わせれば、人間は目標と〆切がないと頑張れない

生き物だけど、それを見つけるためには

怠けているが如くの動かない時間が必要なんだよ。

傍からは何も考えていないように映るけど

 

考えてない奴はいない。考えない(無の境地)ことが

出来るのは仙人クラスでもう達人領域の人だけね。

 

大学に行くとか、勉強しないといけないとか

どうでもいいことで、

 

それよりも、母がやるべきは

 

娘が得意なことと好きなことをしっかりと

アドバイス出来て、褒めて自信を持たせることね。

 

好きが仕事になるのが一番いいけど、逆に辛くなる

ことも多いので、コツはね、自分ではさほどの努力とは

思っていないのに、そこそこ出来てしまうこと、

これを高めるように、何気なく、誘導していくことね。

 

数学なんてできなくても何も困らない。

英語が得意でなくても、就ける職業の方が多い。

 

じゃあ、国語が得意なら、国語がもっと楽しくなることは

なんだろう?って考えてみる。

点数とか偏差値はどうでもいいんだよ。

 

「あさきゆめみし」から源氏に嵌るでもいいし

夏のオーキャンに行くでもいいし、面白そうなワークショップや

演劇に行くのだっていいし

 

体力気力が戻ってないなら「進級出来る程度にがんばり!」の

一言でOKね。

 

「こうしなさい」ではなく、なんとなく「そういえば

あなたはこれがすごく得意だから、興味あったら

行ってみれば?」 程度ね。

 

まずは母が「人生、めっちゃ楽しいんですけど?」って

とこを見せて

 

そして「若い旬な時にしか出来ないことがあるから

それを探して、思い切り楽しめ!」ってスタンスでいると

 

やがてお嬢さんは布団の中から、這い出てくるよ。

 

まずは、母は明日から缶ビール片手に肉を焼きながら

 

「松居一代のホラー作品を映画化する」時の

キャスト陣とスクリプト担当、監督を誰にするかの

どうでもいい話を真剣にするところからどうぞ(笑)

 

健闘を祈る。
 
 
 
 
 

2 件のコメント:

  1. 田舎の公立高校に通う娘と息子の母です。場違いを承知で書き込みしますね、すいません。
    ウチの息子が全く同じ状態です。なんならもっとひどいかも、、、「姉と比べられるのはもう散々。勉強は嫌いだ。高卒で就職する。」と。
    「大手に入ってもラインで夜勤だよ。大丈夫なの?」と言うと、「じゃあどうして欲しいの?大学行って欲しいの?お母さんはどっちなの?」とこちらに決めさせようとする。
    ちょっと育て方がまずかったのかもしれません、、、反省の日々です。
    私立中高一貫校だったら、大学一択ですよね。正直羨ましいです。
    りんこさんのおっしゃる「努力と思わずにそこそこできること」って何なんだろう??ウチの息子にあるかな、、、??今のところゲームしか浮かばない笑
    それが見つかれば高卒だろうが大学だろうが悩まない気がするんですけどね。
    とりあえずこんな親子もいるということで。何だか世間でいうところの底辺(本当はこの言葉好きじゃない)なお話で申し訳ないですが、、、子育てってだんだん悩みが深刻になっていくのが辛いです。
    ウチの息子、どうなるのかなあ、、、とりあえず元気でいてほしいんですけどねえ、、、イマイチ覇気がないのも気になるところです。理想を押し付けてるのかなあ、、悩みがつきない毎日です。

    返信削除
    返信
    1. コメントありがとうございます!
      長くなりそうだったので、お返事、別建てで書きました。
      よろしかったら、そちらを見てやってください。

      母って辛いね~(;_:)

      削除